【追記】NDIによる2PC配信について

時間泥棒。Dota2 AUTO CHESSはマジで面白い。

ゲーム

AUTO CHESSってしっていますか?

DOTA2というMOBAのMOD。ゲーム内容は同じ駒を3つ揃えて駒を強化し、属性を考慮しながら駒を配置・強化していきます。

MODって何?

mod(モド、modificationの短縮形)とは、主にパソコンゲーム用の改造データのこと。日本や中国では大文字によるMOD表記が広まっており、日本語では「モッド」と発音されることもある。パソコンゲーム以外のソフトやゲームであっても不具合修正の度合いが強い物はパッチと呼ばれる。
あるゲームのグラフィックや様々なデータを改造するプログラムやファイルのこと。MODを導入することによってそのゲームを改造・変更(Modification)し、そのゲームのグラフィックエンジンや物理エンジンなどの基本システムを用いつつ、本編とは別のシナリオやグラフィック、モデル、システムで遊べるようになる。単にMODと呼ばれるものの場合、大抵は有志(そのゲームのファン)ベースで制作されるものを意味する。MOD制作者は作りたいMODの目的に応じて3Dグラフィック制作ソフト、ペイントソフト、スクリプトを組むためのテキストソフトなどを活用し、目的のMODを作っていく。
MODでできることは後述するMODの種類及び適用例で示す通り多岐に及ぶ。既存のキャラクターやアイテムの外観を変更するもの、新たなキャラクターやアイテムを追加するもの、音を変更するもの、ゲーム内の環境光の設定を変えてグラフィックのリアルさを高めるもの、スクリプトで新たな機能を付加するもの、マップを大幅に変更するもの、ゲームそのものを全く作り変えるものまで様々である。

Wikipedia:Mod

なにかのゲームをベースにした改造プログラムです。

オートチェス

Auto Chess(以降:オートチェス)のベースは、MOBAジャンルのゲームである『DOTA2』。なのでドタオートチェスといわれたりしています。

DOTA2ってなに?って方はリーグオブレジェンド(通称:LoL)といった手のアリーナ型のゲームかなーくらいに思っていただければと思います。もしオートチェスをやって興味があれば手を出してしまうのもありです。LoLなら初心者はARAMがおススメです。

オートチェスのインストール方法

オートチェスの遊び方

駒を購入するところから始まる。
板と画像では表現してしまいましたが盤でAIやプレイヤーと闘う駒たち
ロバが自分でその後ろにあるのが「在庫の駒置き場」
その下が「現在のバフ状態」。バフ状態は駒の持つ属性によってことなります。
右側には各プレイヤーのHP状況やPECSの数をみることができる。左下の地図から相手の盤面や配置を見ることもできます。
この時は誰よりも先に散っていきました。まだ始めたてのころで何をやっていいのかわからなかった。そしてHPがなくなるとロバが散ってしまいます。
オートチェスの大まかな流れ
  • ショップから駒を購入し自陣の盤に置く
  • 駒は自動で動いてくれるので駒の選択と配置、アイテムの受け渡しするのがプレイヤーの仕事
  • 同じ駒を3つ揃えることで強化ができる、★→★★→★★★のように。
  • ラウンドを積み重ねて駒を強化し、駒が持っている属性によって強化バフが異なるので属性を考慮しながら配置
  • 最後に一人になったら勝利!入賞するとアメがもらえます。

だいたい1位になるまでのラウンドは状況によりますが、2-30分。早めにHPが無くなってしまうと15分ほどでゲームが終わってしまいます。マッチング云々の問題もありますが、今のところゲーム人口も中国や韓国といったアジア圏のゲーマーの方々ですが多く、早い段階でマッチングします。LoLなどといったマッチングまでスゴク時間のかかるゲームではないです。

他でも表現されていますが、オートチェスは「麻雀」に近い。しいていうならドンジャラかな?

駒がでてくるの待って、欲しい駒が出てきたらコストをかけて購入する。そしてテーブルにBETすることで良い駒が出てきて選択肢が増える。その分コストも高いが優位に叩けるようになる。いつお金を使って優位にするか判断するタイミングを狙うゲームでもあります。

モバイルのゲームでもあります。

現在はAndroidのみテストが行わていますが、モバイルゲームでもあります。現在のPCゲームは早急に収益化をすすめるためにモバイル化を行うことが多い。

Android端末の方は下記URLから事前登録して、やってみてみて下さい。

DOTA2のキャラクターは使えないためオリジナルキャラ化していますが、仕組みは同じ。UIなどはPCよりもやり易いと思います。ただ言語は中国語と英語のみ。日本語はまだ実装されていないのでご注意ください。

*PC版は日本語化されております。

 

オートチェスの凄さは応用が利くこと

このゲームのすごいところは、オートチェスのゲームの仕組みを他のゲーム・キャラクターでも転用ができること。

日本展開するにあたって、ポケモンとコラボレーションするとしましょう。

ヒトカゲ★xヒトカゲ★=リザード★★
リザード★★xリザード★★=リザードン★★★

属性は火・ドラゴン、★3になったら飛行を追加。といった形で現在のDOTA2以外にも応用が利く上にそれぞれのアニメやキャラクターに転用できることができる。これはどこのモバイルゲームサプライヤは黙っていないでほしい。このゲームの可能性は膨大にある。

まとめ

オートチェスのゲームとして、パズルと麻雀の要素、MOBAの要素などが組み合わさって気持ちの良いゲームプレイができる点、現在モバイル展開が行われ徐々に人気が増えてくるであろうゲームジャンル。また競技としても既に行われている。

また一つModからの進化が見られるのではないかと思っています。

それと、やはり他に応用が利くゲーム性。これはビジネス展開として胸が熱いゲームであることは間違いない。またこの手のゲームはチャットがちょっとアレという話もありますが、基本は1人で進めるゲームModであるため、チャット欄が混沌になることもありません。たまに変な人がずっとチャットしていますが大体読めません。

Dota2オートチェス、高スペックなPCも必要ないので是非トライしてもらいたい。もしAndroid端末を持っているのであればモバイル版から初めて見てもよいと思います。

今から始めたいってかたは日本語ローカライズチームのWikiが一番参考になります→http://dota-auto-chess.sakura.ne.jp/

Wiki見る前にやってみるのもアリだと思います。

色々難しいことは考えずに「とりあえずやってみる」と面白いゲームでありますね。

タイトルとURLをコピーしました