持ち運び簡単モバイルプロジェクター「BenQ GS2」

【PCでやってほしい!】勝手に選んだFPS・TPSゲーム5選!

PCでやってほしい!没入感が半端ないストーリー系ゲーム 5選は、読んでいただけましたでしょうか?
PCでやってほしいシリーズ第2弾「勝手に選んだFPS・TPSゲーム 5選!」の紹介です。

PCでFPS・TPSするにはハイスペックゲーミングパソコンが必要なの?

答えはNO

確かに、ハイスペック Intel Core i9-9900k や Core i7-****k といったハイエンドオーバークロックのCPUを搭載し、GeForce GTX 1080Ti や RTX 2080Tiなどどいったハイエンドモデルのビデオカードを搭載することで、現在販売されている殆どのゲームをフルHD、144FPS以上で遊ぶことが可能です。
ただし、Steamを運営しているValveも発表していますが、大半のユーザーはミドルくらいのスペック。GTX1060 や GTX1050Ti のシェア率が高く、CPUも4コアモデルで3.3Ghzのモデル大半がIntelといったデータがあります。

現状、Steam等で販売されているゲームは、2世代前のPCでも十分動くんです。ちなみにCPUの進化は鈍化しており、i7-6700kくらいからは凄い差があるわけではありません。

結果、30万ー40万とする超ハイスペックPCではなく、ミドルレンジPC(10万~20万円)でも十分動きゲーム内FPSも100FPS以上稼ぐことができます。

参照元:Steam ハードウェア&ソフトウェア調査

PCでやってほしい勝手に選んだFPS・TPSゲーム 5選!

さて早速発表です!超個人的主観です。他にもあるよ!という方ぜひコメント欄で教えてくださいね^^

5位 Destiny2

当サイトでよく出てくるゲームシリーズ。Destiny2は最新のハイスペックPCでさえも4K 60FPSで稼働するのが難しい。ですが、1080p60FPSで稼働させるのはどんなPCでも簡易です。GTX1060でもヌルヌル稼働させることが可能です。

「Destiny 2 は、こんな感じで表現したかったんだな」

というのがPCでDestiny2をプレイすることで解ります。ただ仲間が必要だったりするので中々CSからPCに移行するのはハードルが高めかな…

Destiny2はSteamではなく Blizzard がやっている Battle.net で購入可能です。

4位 The Division(1→2)

Ubi Softが送るDivisionシリーズ。これはCSではなくPCでやってほしい。爆発表現が良い。私はPCやったあとCSでやりましたが、ちょっと物足りないというかCSはちょっとあーうーんとなりました。ある程度やってからPCに戻ってしまいました。

もう間もなく The Division 2 の販売が開始されます。その前にオープンベータがある予定かな。ぜひオープンベータをPCで試してみてください。

PvEであれば、コントローラーでも問題なくプレイできます。PvPになるとマウス+キーボードが強いですので、どちらも楽しめるDivision是非お試しあれ。

[https://www.epicgames.com/store/ja/product/the-division-2/home]
The Division 2の販売日は、2019/3/15です

3位 Battlefiled シリーズ

BFっていったらPCゲーのイメージだったのですが、日本国内ではCSのイメージのゲームですね。

Division同様、炎や爆発の表現、実際に戦場にいるかのような感覚になれるシリーズ。BFVは酷評されていますが、シングルプレイの面白さは健在です。
なおBFVは、GeForce RTXシリーズのリアルタイムレイトレーシングをフルに活用できるソフトウェアでもあります。RTXシリーズの実力を試せるゲームになります。

BFシリーズはEA社の提供するOriginにて提供されています。またOrigin Premier メンバーだと単体購入しなくても良いです。

なおBFシリーズは、それなりのスペックを要求されます。各BTOパソコン専門店でBFV推奨モデル等を購入すると、だいたいのゲームができます。

https://www.origin.com/jpn/ja-jp/store/battlefield/battlefield-v#store-page-section-about-bfv

2位 レインボーシック:シージ

Ubi Softの対人FPSシリーズ。座学が必要だと思うレベルのゲームなのですが、、、こんだけ流行っている戦略FPSゲームは珍しいと思っています。

PS4でも十分遊べるレベルのゲームなのですが、このゲームCS機でもエイムアシストが無い仕様になっています。その上、100FPS以上で動作するので物理エンジンが全く違うんじゃないかというような動作をします。60FPS以上の物理エンジンの面白さは健在です。

もう4年目となってしまうゲームですが今PCに移行しても差もあまり無いと思います。

https://store.steampowered.com/app/359550/Tom_Clancys_Rainbow_Six_Siege/?curator_clanid=33075774

1位 PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

バトロワシリーズを最も流行らせたシリーズ。またフルプライス*1でないゲーム。一時期はチート蔓延によってユーザーがガタ落ちしましたが、最近は回復傾向にあります。なによりもユーザー数が多いこと。やりこんでいくと楽しみ方が増えるゲームです。

ちなみに接続数データはこんな感じ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリックすると大きくできます。

プレイヤースキルの上昇もあり、なかなか勝つことにフォーカスを当てると難しいゲームになってきてはいますが、それでも楽しさは健在。最近PS4にも参入してきましたが、やはり重たいゲームなのでPCでやることをおススメします。

https://store.steampowered.com/app/578080/PLAYERUNKNOWNS_BATTLEGROUNDS/

*1 フルプライスゲームは8,000円台のゲーム。PUBG等はインディーズ3000円くらいのものに該当します。

番外編: Aim HERO

これはゲームなのか…どちらかというとマウスエイムを鍛えるゲームです。というか慣れさせるためのアプリケーションといってもいい。

各ゲームのFOV(視野角)、感度等に設定することで練習ができます。Aim HEROをしてからゲームに挑むと初動AIMがガバガバになりにくいです。

PCゲーム初心者の方にもおすすめ!

https://store.steampowered.com/app/518030/Aim_Hero/

PCゲームは初期投資がどうしても必要ですが…CS機にはない月定額や、各外国のイベントに合わせた格安セールなどがやってきます。それを狙って積みゲーを増やすのも有りだと思います!

もし、PCのことが解らなかったりしたら、コメント欄や私のTwitterでコンタクトを取っていただければご助力できると思います。

画像引用元:Steam, Battle.net, EA Origin

Amazonで簡単に変えるゲーミングデスクトップパソコン

[amazon asin=”B07JHLKXG1″ kw=”Dell ゲーミングデスクトップパソコン” title=”Dell ゲーミングデスクトップパソコン Inspiron 5680 Core i5 リーコンブルー 19Q31/Windows 10/8GB/128GB SSD+1TB HDD/GTX1060″] [author_box label=この記事を書いた人]