これは良い空冷だ「Noctua NH-D15 chromax.blac レビュー」
最強WQHD 144Hz モニター?
「BenQ EX2780Q」詳細へ
スポンサーリンク

キーボードのオシャレ。Filco Majestouch専用 2色形成キーキャップマイキーボードへ。

ガジェット

執筆時現在(2020年4月9日)、一部の地域の方はテレワークも多いかと思います。なお私もテレワーク中です。当サイトのテレワークやチーム内の取り組みは『ノマメモの裏路地』というnoteで公開中です。

ノマめもの裏路地|note
ノマめも(nomamemo.com)というレビューサイトの管理人のnoteです。当サイトの運営チームやらの話をしていこうかなと思います。

Ducky one 2 SFにFilco用キーキャップを付ける

今回使用したのは以前レビュー記事を上げたDucky One2 SF(レビュー記事はこちら)65%キーボード。それにFilco Majestouch専用の2色形成ダブルショットキーキャップをはめ込んでいきます。

今回使用するのは『FILCO Majestouch専用 2色形成 ダブルショット 英字(ANSI)キーキャップ』です。

以前の使用は、プリンキーキャップを使用していました。プリンキーキャップも光り方がかっこよくて『The ゲーミングデバイス』という感じで好きなものなのですが、今回は渋めのキーボード大好きオジサンになろうと思います。

早速取付開始・・・・

ポチポチとキーを抜く工具を使っていきます。キーを抜く工具は付属します。配列はANSIレイアウト。俗にいう英字キーボードです。キーキャップを変えて遊んでみたいとかであれば、原則は英字キーボードを選択することをオススメします。

JISキーボードはキーキャップが少ないんですよね。

見てお分かりだと思いますが、キーの高さが異なります

市販されているゲーミングキーボードやメカニカルキーボードは『OEM』や『CHERRY』というプロファイルを使用しています。薄型のメカニカルだとより薄く平たいキーキャップになりますね。

FILCOの交換キーキャップは、おそらくキーの高さ的にはSAプロファイル?ちょっと見比べていたのですが解らなくなってきました…。R1が結構そっているのでSAだと思います。

押しやすさは完全に個人の好み。一般的に広く触れるOEMのタイプが無難ではあります。OEM、Cherry以外は慣れるまで時間がかかるかな…

引用元:https://deskthority.net/

上の画像は、Deskthorityで公開されている各種プロファイルによるキー形状の違いです。明らかにSAだけ背が高いのがわかります。SAは『まるっとした形状でカワイイ』と思っています。

R1…1234の数字の部分
R2…QWERTYのレーン
R3…ASDFGのレーン
R4…ZXCVBのレーン
Space…スペースキーのこと

ホームポジションを確認するためにOEMでは『-』がつけられていますが、今回のキーキャップは深いくぼみが形成されています。わかりやすいかわかりにくいかでいうと『わかりにくい』方だと思います。慣れですね…

完成図。

なんかクラシック?でシュッとした気がします。ギラギラ光るゲーミングデバイス風のもいいんですが、こういう感じも好き。触り心地も良く打撃感も悪くありません。ゲーム向けにしたら少しキーが重くなるので優位になれるかは…んー(-_-)

あれ…よく見ると

あれ…違うところある。”+”, “Delete”, “End”, “Del”, “Pg Up”, “Pg Dn”がオカシイゾ。

この現象…Dukcy One2 SFだから起きる現象で、左側Alt,Fn,Shiftはキーサイズが異なります。Alt,Fnは1U※1Shiftは2Uになっています。

Del,PgUp,PgDnはフルキーのを使うと高さが異なるため利用しにくいことからレーンによって異なるを選択。それでもあべこべな感じになってしまいますね。これはブランクキー買えばいいかなーっと思い中。なかなか手に入らないのが難点ですが…

※1…キーボードの幅を”U”と表現します。一番小さいキーサイズが1U、それを伸ばしていって1.5Uや2U、2.75Uと表現します。ちなみにUはUnitのことです。

まとめ:使い心地と総評

使い心地は、良いです。OEMの透過キーキャップに比べ押してる感が強くなります。音は重たい感じになりますね。

社内で使う場合はどっちみちメカニカルキーボードはうるさいので回りに配慮した方がいいと思いますが…

FILCOの2色形成SAプロファイルのキーキャップはSignature Plastics製といわれています(詳細は解りません)。だいたいフルキーで購入すると$70-100なので、国内で6000円以下で購入できるのはダイヤテックさんの力だと思います。

ちなみにABS樹脂とオフィシャルページに掲載されているのですが、おそらくPBT/ABS樹脂だと思いますが…

在宅ワークのキーボード気分転換にオススメ。LEGOとかブロックで遊ぶような感覚でキーキャップを変える時間を作ってみてください笑

タイトルとURLをコピーしました