勝つためのモニター BenQ ZOWIE XL2546 240Hz DyAc™ レビュー
スポンサーリンク

『Logicool G Pro ワイヤレス』最軽量のワイヤレスゲーミングマウス。これが最適案か?

ガジェット

昨今のゲーミングマウスのトレンドといえば

  1. シンプルな形状
  2. 軽量
  3. ワイヤレス or パラコード

軽量マウスで低DPI、低感度、そしてブンブン振り回すのが、どのゲームでも主流になってきている気配を感じます。

さて、今回購入したのはLogicool(海外ブランド名 Logitech)のG Pro ワイヤレスマウス。
G Pro ワイヤレスは、シンプルな形状+軽量(80g)+ワイヤレスの3点セットのマウスです。
早速、開封っ!

Logicool G Pro Wireless

開封した瞬間、わかるのは軽さ。これが本当にワイヤレスマウスなのか…という疑いを持つくらい。約80g。これは軽量だ。と箱から出した瞬間解ります。
80gってどれくらいなの?というと…Sサイズの卵2個分くらいです。Sサイズはコンビニとかで売っている卵のサイズですね。

LIGHSPEEDワイヤレステクノロジーの受信機

有線を超えた無線らしい「LIGHT SPEEDワイヤレステクノロジー」、今の新しい技術は有線・無線は変わらないと思います。確かに安定性の観点で無線は有線に比べるとやや不利なところもあります。電子レンジとか同じ電波帯だと干渉することはあるでしょうね(今のところ起きてない

実は有線でも干渉はあるんですが、影響が少ないんですね。優先は線路の上に走ってるイメージだと解りやすいと思います。電車に干渉できるとしたら飛翔物くらいですね。

光り方はいたってシンプル。『G』の部分が光るだけ

ロジクールGの『G』の部分と電池残量インジゲーターが光るだけなので電池持ちも、かなり良いです。無駄な機能が省かれている点が効いているのか毎日、仕事&ゲームで使っても満充電から4日目で30%。ゲームの種類やDPIの設定によっては電池持ちが悪いかもしれませんが、軽量ワイヤレスマウスなのに、これだけ持つのはすごいと思います。

他社軽量マウスと比較

G Pro WL / Finalmouse Air58 /Steelseries Rival 600

今、手持ちにある軽量マウスは画像の3点。その中でも最も軽量なのはFinalmouse Air58、世界的ストリーマーNinja氏がプロデュースし使っているマウス。Finalmouse Ultralightを軽量化したモデルです。

SteelSeries Rival 600は、デュアルセンサー備えたSteelSeriesのフラッグシップ。現在はRival 650という無線モデルも登場しています。ただRival 650は重量がやや重く100gオーバーになってしまうため超軽量とは言いづらいですね。

さて、この3つ比較してみると、どれも素晴らしいの一言。

  • G Pro Wirelessは配線がないため自由に動かせる全く抵抗がない環境
  • Finalmouse Air58は有線であることを忘れるパラコード、軽量さ、適度な大きさ
  • Rival 600は精密な動き、アルゴリズムデザインで疲れ知らず

どれも最高なんですよ。あとは好みの問題だと思っています。ただFinalmouse Air58に関しては国内サポートが他2社に比べると難しいと思います。Logicool,SteelSeriesは日本法人を所有しており密に販売代理店とやりとりをしています。日本法人を所有しているということは大きなメリットになります。

まとめ

G Pro Wirelessは、若干の飛びが無いとは言えないが、問題ないレベル。

Photoshopなどの細かい作業に問題なく使える挙動。FPSなんてのは問題ないレベルで使えます。

なぜ、e-Sportsのプロが愛用しているのか?それはスポンサーだからなのか?
ただ、それだけではないG Pro Wirelessは軽量精密ちょうどいい三拍子を備えているからではないかと私は感じました。

無線はゲーミングには向かないと思っていたのを、払拭してくれたマウスでした。
今後も使っていきます!(新しいのが出るまでは!

値段以外おススメでありサポートなどの点から現状最適案です!

値段がちょっとお高いですよね。2万円近くするマウス…メカニカルキーボードかよっ!というツッコミをしてしまいます。徐々に他社からも無線ゲーミングマウスが登場しており、やや今後値段が降下していくとは思いますが現在は最先端技術なため高くても仕方ないと思いましょう!

G Pro Wirelessの購入を迷ってる方は買って損はないゾ!

余談ですが、G Pro WirelessはPowerplay対応。勝手に充電してくれる仕組みを持ってる2万円近くするマウスパッドがあります…私は購入してないですが便利なんでしょうか?きっと便利なのでしょうね…Qiとかを準拠してくれたらよかったのに…

*Amazonで購入時の注意点:できれば1万9千円代の知ってる名前の店舗を選びましょう。Amazon直送で1-2ヵ月と表記されていますが、1-2週間で届いた報告もあります。販売当初は在庫が少なかったようですが現在(2019年4月)ではあるい程度は潤沢になっているようです。

タイトルとURLをコピーしました